RSS

iPhone6

iPhone6の発表が間近に迫ってきたのはどうやら間違いないようだが、という意味で。

ここ1と月ばかりのリーク情報の氾濫によって、すでにわれわれは新iPhoneについてかなり詳しい情報を得ている。そうした情報によれば、まず4.7インチ・スクリーンのモデルが出荷され、同時にか、あるいはやや遅れて5.5インチ・モデルも販売されるという。5.5インチが遅れるのは製品供給が間に合わないからだという。

iPhoneに大型スクリーン・モデルが投入される影響を軽視すべきではない。Samsungは最近「Appleが今になってやっと大型スクリーンを出した」と揶揄するコマーシャルを作ったが、これはむしろ多くのユーザーが大型ディスプレイを欲しながら、Androidに乗り換えることをせず、Appleがそれを出すまで辛抱強く待っていたことを証拠立てるものだ。

9月9日に発表されるiPhone 6がデバイス・オブ・ザ・イヤー確実なこれだけの理由

2サイズの展開がダメ、だとは思わないが、個人的にはiPhoneは今のサイズが一番適正だと思う。ポケットにすっぽりと入り、手の上でも取り回しが良い。今より大きくなると片手の操作は難しくなるし、通話にも少々不便ではないか、と思う。それは最早「携帯」ではなく、タブレットに近いものだ。でもまあ、今のスマートフォンに求めるのは最早「通話」ではなく、付随したアプリや、通信によるコミュニケーションであるとするならば、大画面化も悪いものではないかもしれないが。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。