ヒクソン・グレイシー

柔術というのはスポーツではなく、
芸術であり、私のすべてを
捧げるのに値するものだ。

Number430号(1997-10-23)

1997年10月11日、PRIDE-1で高田延彦に圧勝した翌日、ほぼ無傷のヒクソン・グレイシーは「柔術とは何か」を語った。「大切なのは精神を空の状態にして戦いの時を待つこと。宮本武蔵のように」