イチロー

常にやれることをやろうとした自分がいた、
それに対して準備ができた自分がいたことを
誇りに思います。

Number700号(2008-03-19)