RSS

Chrome OSが拓く未来

Googleがコンシューマー向けPCのOS開発に着手することをリリース。

Google Chrome OS の重要な要素は、スピードと使いやすさ、安全性です。ユーザーが数秒でコンピューターを立ち上げてウェブにアクセスできるように、非常に高速で軽量の OS を設計中です。ユーザーインターフェイスはユーザーの妨げにならないよう最小限に抑えられ、ユーザーエクスペリエンスのほとんどはウェブ上で提供されます。そして、Google Chrome ブラウザの時と同じように、ユーザーがウィルスやマルウェア、セキュリティ更新に対処したりしなくてもよいように、基本に帰って OS の基礎をなすセキュリティアーキテクチャを全面的に設計し直しているところです。余計なことを気にしなくても、安全にすべてが動作します。

Google Chrome OS は x86 とARM 両方のチップで作動する予定で、私たちは来年多くのネットブックを提供すために複数の OEM と協力中です。このソフトウェアのアーキテクチャーは、「Linux カーネル上で動作する新しいウィンドウシステム内で動作する Google Chrome」というシンプルなものです。アプリケーション開発者にとって、ウェブはプラットフォームです。ウェブベースのアプリケーションはすべて自動的に機能し、自分のお気に入りのウェブテクノロジーを使って新しいアプリケーションを書くことも可能です。そしてもちろん、これらのアプリケーションは Google Chrome OS だけでなく、Windows、Mac、Linux などで動作するいずれの標準規格ブラウザでも動作しますので、ほかのどのプラットフォームよりも多くのユーザーをターゲットにすることができるのです。

Google Chrome OS は、Android とは別の新しいプロジェクトです。Android は当初より、電話からセットトップボックス、そしてネットブックにいたるまで様々なデバイスで動作するように設計されています。一方で、Google Chrome OS は大部分の時間をウェブで過ごすユーザー向けに開発されているもので、小さいネットブックからフルサイズのデスクトップまでのコンピューターをターゲットとしたものです。Google Chrome OS と Android で重なる領域はありますが、選択肢を用意するということは、Google を含むすべての人々の利益のためのイノベーションを加速させるものだと信じます。

アンドロイドがSetTopBoxに使える、っていうのは気が付いているようで実はあんまりそんなに実感がなかった。ただ、Windowsに「洗脳」されてしまった現代のコンシューマーがどこまでLinuxライクなOSを受け入れるかは疑問。まあ、慣れてしまえばそれなりに使い勝手は良いわけなんだけどさ。
GoogleJapan BLOG

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
    • cosaic
    • 2009 7/14 9:00pm

    Google Chrome OS に想う。

    Google が独自 OS の開発プロジェクトをスタートさせていることを発表した模様。
    特徴としては以下。

    ネットブック用の軽量 OS
    オープンソース
    2009年内にオープンソース化(予定)
    2010年…

  1. トラックバックはまだありません。