未分類

イチローが誰しも認める天才的なバッターであったことには議論の余地はないと思う。打者に限らず、プロ野球選手、メジャーリーガーの優秀さの一つとして、シーズンのタイトルがあるが、メジャー2年目、首位打者のタイトルを逃した時の言葉。